ソ連 MBW-2装甲列車
ソ連 MBW-2装甲列車
1/25スケール ペーパークラフト
●完成サイズ
全長:73cm 全幅:11cm
【型紙サイズ:A4変形:8枚 】製作難易度:4
商品コード
MCTR010
販売価格
¥2,700(税込)
数量:
カートに入れる
1938年、ソ連軍で採用された装甲列車。武装としてT28戦車の砲塔3基を搭載。
機関には独BMW製ガソリンエンジンのコピー、ソ連製12気筒ガソリンエンジンM-17Tを搭載。最高速度120km/h、経済巡航距離が最大500kmという性能であった。
1939〜40年のフィンランドとの冬戦争に参加。現レニングラード州のヴィボルグ周辺で活動していた。
第二次大戦開戦時はソ連の北西部戦線のバルト地域の鉄路で戦い、ドイツ軍の侵攻に伴い自国軍兵士の後方への撤退を支援した。
1941年9月に主砲を長砲身のものに交換。その後もドイツ軍への反攻に伴い76mm砲に換装するなど武装強化され、レニングラードや周辺の都市を開放する戦闘に参加。
戦後は武装を取り外され、発電車として使用されていた。 現在はクビンカ戦争博物館にて復元され、展示物となっている

★ペーパークラフト 1939〜40年時再現 デジタル版
シンプルな形状に似合わず、部品数は多目です。こまかな部品はあまり多くは有りませんが、砲塔まわりは多くの部品で構成されています。
冬季の白迷彩に「汚し」が施されており、存在感があります。
組立図は立体的なイラストによるもので、部品形状も判りやすく、所々、艤装品の組立図が小さいことを除けば見やすい部類といえます。







推奨ブラウザはInternetExplorer11、Safari(MacOS X 10.11、iOS9)です。

Powered by OTSUKA CORPORATION since 2000